妊婦さん必見!効果的な5つの時間の使い方!

スポンサーリンク




妊婦さんは妊娠が発覚した頃、病院選びや環境の変化に対応するため、慌ただしい日々が続きます。つわりも始まってきて、生活するのに精一杯だと思います。一方でつわりが治まって来た方や、体調がいい時は、時間を持て余すこともあるのではないでしょうか。今回はちょっとした時間でも効率的に時間を使える方法をお教えします。

胎教

胎教とは、赤ちゃんがお腹の中にいるときから教育をすることを言います。
胎教を行うと、赤ちゃんの脳の発達にいい影響を与えることが医学的に証明されています。また賢い子に育ったり、胎教によって夜泣きがなくなったという方もいらっしゃいます。
妊娠している期間は約10ヶ月と限られた期間しかないので、お腹の中の赤ちゃんと真剣に向き合う機会かもしれません。

胎教とは?胎教の効果・始める時期は?

胎教って何すればいい?具体的な方法とは?

内職をする

働きたいけど外で働くのはちょっと…という方には内職がおすすめ。自分の家で働けて、かつ自分のペースで行えます。またサイトによっては、ちょっとした時間でも出来る案件もあるので、体調のいいときだけ行うことも出来ます
また英語が得意だったり、何かスキルを持っている方はそのスキルを活かして 
クラウドソーシングで稼ぐこともできます。

⇓妊婦さんにおすすめの内職はこちら⇓

※現在制作中

資格勉強をする

出産後も仕事に復帰するなら、資格勉強をするのも1つの手です。働いている方は、まとまった休みを取ることが難しいので、この時期に気になる資格があれば、チャレンジしてみましょう。
また、育児に関する資格もありますので、気になった資格は積極的に勉強してみましょう!

育児に役立つ!妊娠中におすすめの資格3選!

育児の知識を勉強する


初めてお子さんが生まれる方は妊娠~出産~育児まで分からないことがたくさん出てきます。事前に知っておけば、焦らずに対応出来ることもたくさんあります。余裕が出てきた時に、今後の育児に関する知識を知っておくと、いいかもしれません。

お洒落なディナー・旅行に行く

出産してお子さんが産まれてから急に慌ただしくなります。またお子さんがいると落ち着いたレストランにも行きづらくなり、行動が制限されてしまいます。安定期には、体調も落ち着きますので、この時期に悔いのないよう豪華なレストランや贅沢な旅行に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

日々の体調や赤ちゃんの準備も含めて、妊婦さんは結構忙しいです。そのため、ちょっとした時間が空くと、何をしようか悩んでしまう方もいらっしゃいます。余った時間を有効に活用して、マタニティライフを充実したものにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする