妊婦さんは料理にお酒やみりんは大丈夫??

スポンサーリンク




みなさん、「妊娠したらお酒は控えたほうがいい」と一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

一方で妊娠しても料理にお酒やみりん、ワイン等料理酒を使ったことはありませんか。いつも通り料理にお酒やみりん、ワインを使っていて、心配になった方もいるかと思います。お酒は妊婦さんに良くないと言われますが、料理に使うお酒やみりん、ワイン等料理酒はしても大丈夫なのでしょうか。

結論から言いますと、加熱すれば問題ありません。では、どうして加熱すれば問題ないのか。順を追ってご説明します。

加熱すれば問題ない

アルコールの沸点は78.3℃であり、水の沸点の100℃よりも低めです。そのため焼き物であればすぐにアルコールは飛んでしまいます。また、煮込み料理の場合には、大さじ数杯程度なら1~2分の沸騰でアルコールはほぼ飛んでしまいます

アルコールの蒸気は吸っても大丈夫?

こちらも問題ありません。液体は蒸発させると気体になりますが、気体の体積は、液体の1,000倍以上になります。そのためアルコールを蒸発させたときに発生する蒸気は、アルコール濃度がほぼ0であり、吸っても赤ちゃんに害はありませんので、ご安心ください。

ただし、アルコールを沸騰させて発生した蒸気は結構匂いが強いので、気持ちが悪くならないように注意してください。

加熱しない料理はどうする???

加熱しない料理の場合は、使用したお酒やみりんを加熱しないため心配になる方もいると思います。その場合は、お酒やみりんの量を減らしたり、または、料理する前に加熱するといいでしょう。一度加熱してアルコールを飛ばしてしまえば、冷めてもアルコールは飛んでいる状態です。。少し面倒かもしれませんが、料理する前に加熱すれば安心して使用できます。

まとめ

料理に使用するお酒やみりんは少量であるため、気にせず使っている方も多いかと思います。
確かに妊婦さんは1日当たりワイングラス1杯、または350mlビール1本以下であれば、胎児にほとんど影響は無いとされています

詳しくはこちら

妊娠中に飲めるお酒の量・お酒がダメな本当の理由

一方で料理酒はやはりお酒なので、使いたくないという方もいらっしゃいます。そのような方は、料理酒を使う際に加熱すれば問題ありませんので、安心して頂ければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする