妊婦は悪夢を見やすい??

スポンサーリンク




妊娠してから、よく夢を見ることはありませんか?楽しい夢から不思議な夢を見る方もいれば、怖い夢や悪夢を見る方もいらっしゃいます。個人差はあると思いますが、多くの妊婦さんがよく夢を見るようになるそうです。

今回は妊娠中の夢についてお伝えしていきます。

妊娠中の夢はよく見るもの??

妊娠してから夢をよく見るようになって、驚いた方も多いかと思います。また、妊娠中に悪夢を見ると不安になりますよね、、妊娠中に夢や悪夢を見ることは、日本ではあまり認知されていません。一方、イギリスでは、妊娠中は夢を見やすいことが一般的に知られていて、Pregnancy Dreamとも呼ばれています。つまり、決して異常な事ではなく、妊婦さんは必然的に夢を見やすくなりますので、ご安心ください。

妊娠中の夢の原因って?

妊娠中の夢、特に悪夢の原因は、大きく3つに分けられます。

妊娠中のホルモンバランスの影響。

赤ちゃんの成長

精神的・身体的ストレス

妊娠中は妊娠を維持するためにプロゲステロンというホルモンが大量に分泌されます。このプロゲステロンの増加が妊婦の身体に負荷がかかり、睡眠障害を引き起こします。

妊婦さんは眠っていても、赤ちゃんは寝ている間も、成長し続けています。そのため、妊婦さんの体は、完全に眠っている状態にならず、眠りの浅いレム睡眠になりやくなります。人間は眠りの浅いレム睡眠の時に夢を見ると言われています。

妊婦さんは慣れない生活や、食事制限、出かける範囲が制限される等多くのストレスにさらされます。(パートナーへの苛立ちもしかり)また、つわりや腰痛、お腹の膨らみによる心身の負担によって悪夢を見てしまうのです。

妊娠中の夢は赤ちゃんのための準備?

一方で、妊婦の夢は赤ちゃんの生活リズムに合わせるためであるとも考えられています。

赤ちゃんが生まれると、授乳のため、約3時間ごとに起きなければなりません。

約3時間ごと起きる生活は、精神的・身体的にかなりのストレスになります。その生活リズムに合わせて、赤ちゃんを育てるために睡眠が浅くなり、夢をよく見るのです。

妊娠中の夢は一時的なもの

妊娠中の夢、特に悪夢を見ると、正夢になってしまうのではないかと、不安な気持ちになってしまいます。ただし、実際に悪夢が正夢になった事例はほとんどなく、また赤ちゃんが産まれたら、夢をほとんど見なくなる妊婦がほとんどです。

あまり深く考え過ぎず、ポジティブなことを考えていきましょう。

それでもやっぱり不安という方は悪夢を見ないための対策をまとめたこちらをご覧ください。

⇓妊婦さんの悪夢対策はこちら⇓

妊婦さんの悪夢対策

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする