【HIS】スカイベリーのイチゴ狩り日帰りバスツアー

スポンサーリンク




先日は妻と休日を使って、HISの「【新宿発】プレミアムいちごパラダイス★世界遺産日光散策と輪王寺星祈願&「スカイベリー限定」いちご狩りといちごスイーツ食べ放題」に参加してきました。

主な内容としては

  • プレミアムいちご!スカイベリー狩り食べ放題
  • 日光散策&輪王寺星祈願
  • いちご尽くしのスイーツ食べ放題
  • ろまんちっく村「湯処あぐり」で温泉入浴!

と大きく4つに分けられています。

実際に参加してみた感想や実際のスケジュールを紹介していきたいと思います。

まず、新宿駅のコクーン学園の前に7:45分に集合。8:00にバスが出発するので、15分くらい前に来てくださいと書いてありましたが、実際には5分前に来ている方もちらほら見かけました。私たちは念のため7:35くらいに着きましたが、結構待たされました。時間は集合時間ぎりぎりでもいいかもしれません。

また今回のバスツアーは、合計37人参加していましたが、その内35人が女性!!男性は私とカップルで来ている男性のみ。女友達やママ友、親子で参加している方が多くいらっしゃいました。年配の方は、ほとんどおらず、20代~40代がほとんどでした。

「イチゴによる女性の集約力は凄いね~」と話しているといよいよバスが出発。

交通状況により時間が異なるそうですが、私たちは9時20分頃で最初の目的地である、いちご狩りの場所に到着。

一度お手洗い休憩をはさんで、約1時間20分バスに乗っていました。バスから降りたらみんな集められ、一緒に畑に向かいます。

目的地である「いちごの里」はかなり広くて、私たちは5分ほど歩くと、いちご畑がずらり!!

いちごのヘタをいれるコップをもらっていざ出陣!!

ここで食べられるイチゴはスカイベリーという品種で高級品のイチゴらしい。またなんといってもサイズが大きい!!長さ5cm以上のイチゴがたくさんありとってもジューシ―です。

また、練乳は支給されず、各自持参だったので、念のため持っていきました。ですが、イチゴがとっても甘かったので、結局練乳は使いませんでした。ただ、後半は同じ味だと飽きてしまうので、練乳で味を変えると、より食べられるようになるかもしれません。

さらにハウス内は温度が20℃前後あり、結構温かいです。私たちも寒いかな~と思ってマフラーや手袋をしていったのですが、全く必要ありませんでした。

あと、時間帯にもよりますが、私たちがイチゴ狩りをした午前10時頃には日光が結構差し込んでいました。そのため、朝から日光に当たっているイチゴは少し生温かい温度でした。ただ、日光が当たってないイチゴはひんやりしていて、とても食べやすいので、出来るだけ日光が当たっていないイチゴを選んで食べるといいかもしれません。

また添乗員さんのお話によると、イチゴ2つでレモン1個分のビタミンCが取れるのだとか。しかもレモンは中身より皮の方にビタミンCが多く含まれているため、イチゴの方が、ビタミンCが取りやすいらしい。そんな説明を聞いていたので、健康とお肌のために必死にイチゴをむさぼりました。

イチゴ狩りを開始して10分でお腹がいっぱいに. . .

イチゴは大きくジューシーなので、すぐお腹に溜まります。ツアーに申し込んだときは「約30分」と記載されていて、時間足りるかな~と思っていたのですが、逆に余ってしましました。ただ、お腹一杯になった人はハウスから出て、お土産を見たり出来ましたし、特に従業員の方も見張っていなかったので、30分以上いることも可能だと思います。私たち夫婦はもう少し粘って食べていましたが、お腹が苦しくなってきたので、開始15分で離脱しました。

「いちごの里」には、お土産屋さんもあります。

なかでも気になったのが、イチゴのスイーツ!

イチゴが山盛りに盛られています。また、値段もそんなに高くはないので、買おうか悩みました。ただ、イチゴ狩りの後で満腹だったため、名残り惜しみながらその場を後にしました。

その他チーズケーキがとても有名だそうです。

スカイベリーやとちおとめも販売しています。

ジェラートも売っていました。

また、イチゴは水分が多いため、必ずお手洗いに行ってくださいと添乗員さんに言われていました。実際バスに乗る前にお手洗い行きましたが、次の昼食会場に到着するまで、約1時間半バスに乗っていたので、昼食会場に着いた時もすぐお手洗いに行ってしましました。そのため、「いちごの里」を出る前にお手洗いは済ませておくといいかと思います。

お手洗いの壁紙にもイチゴが描かれていました。

出発は10:20だったため、ここでの滞在時間は1時間。いちご狩り30分。お手洗い休憩やお土産を見るのに約30分です。実際イチゴ狩りが20分前後で終わるので、ちょうどいい時間でした。

休日だったためか、バスがたくさん停まっています

また、ここでバスに乗るときにお土産を添乗員さんから頂戴しました。

次は日光の近くの昼食会場に向かいます。「いちごの里」からは、約1時間半かかりました。朝も少し早かったので、いつの間にか眠ってしまいました。

目が覚めたら、既に到着していました。11時40分に昼食会場に到着。到着したら、すぐ昼食になります。

ここからの日程が少し複雑です。

まず、バスが「日光カステラ本舗」本館の3Fに到着します。2Fで昼食を食べた後、1Fに一度みんなで集合します。そこからみんなで10分ほど歩いて「日光山輪王寺」に行きます。20分ほど説明を聞いた後、自由散策になります。約1時間半の自由散策の後、もう一度1Fの場所に集合して、そこから徒歩2分の場所にある「いちごスイーツ食べ放題」に行きます。

実際の集合時間はこちらになります。

集合時間のボードは添乗員さんが見せてくれるので、写メを取るといいと思います。

昼食はこちらの「やんちゃ豚の豚鍋&栗おこわの昼食」です。

正直味はそこそこ。ただ、湯葉はとっても美味しかったです。ボリュームは結構多く、私たち夫婦とも食べきれませんでした。

また、昼食会場では短冊が配られます。これから行く「日光山輪王寺」では、いくらでもお願いごとをしてもいいらしく、この昼食の時に、短冊にお願いごとを書いてくださいと言われました。

妻が妊娠4ヶ月だったので、「赤ちゃんが無事に産まれて、家族が健康でありますように。」とお願いしました。ちゃっかり「宝くじが当たりますように」ともお願いしちゃいました。

1Fにお土産が売ってあり、お土産を見ながら少し時間を潰しました。1Fには、ひな祭りやお菓子で作った作品が飾ってあります。

そして12:35分に1Fに集合した後、みんなで10分ほど歩いて「日光山輪王寺」に向かいます。

ここでは、「今年の運勢が悪い出生年別表」が掲げられています。それについて説明した後、「その悪い運勢を取り除くために『鬼門の札』や『お守り』を買うといいでしょう」みたいな説明が20分ほど続きます。正直、物を売るための宣伝です。この時間いらないから、自由散策の時間を増やしてほしいと思いました。ただ、妻はその宣伝文句にやられ、見事に買わされてしましました。祈祷料という名の料金3,000円. . .

その説明が終わった後は1時間半の自由散策です。妻が初めての日光ということもあり、日光東照宮に行くことにしました。

ここでは、5重の棟や

有名な「見ザル・言わザル・聞かザル」

最近改装されたという門を見ました。

ただ、妻は妊婦ということもあり、だいぶ疲れてきたので、軽く一回りした後にすぐ戻りました。

帰り道で、面白い石を発見

戻ってきたのが14時20分だったので、周りのお土産屋でも見ようと思ったのですが. . .お店ほとんどなく、あったとしてもあまりよさそうなお土産は置いていませんでした。そのため、バスが止まっている日光カステラ本店の反対側にあるローソンのイートインスペースで休憩することに。

14:50分に1Fの集合場所に向かい、添乗員さんがみんなそろっているか確認。確認したあと、みんなで、スイーツ食べ放題の会場に向かいました。会場は徒歩2分のところにあります。しかも、「日光カステラ本舗」さんの別館みたいな場所でHIS向けに作成したような場所です。そこで、お皿と小さいフォークとスプーンを渡されます。

会場はこんな感じ。

カステラや団子、小さいショートケーキなど置いてありました。

スイーツ食べ放題開始と同時にこんな行列が!!!!

昼食で結構お腹一杯だった私はゆっくり待って後から取りに行きました。

私が取ったスイーツはこんな感じ。

味はそこそこですが、カステラとみたらし団子が美味しかったです。さらに人気だったのがゆばスープ!昼食会場の1Fのお土産屋さんでも無料で試食できるのですが、その時はあんまり美味しく感じませんでした。ただ、スイーツ食べ放題たどどうしても甘い物ばかりになるので、甘いものの間に飲む湯葉スープがとても美味しく感じました。

15:00に会場について、15:40分までにバスに戻ってきてくださいと言われていいましたが、お腹もいっぱいだったため、20分ほどで食べ終わりました。だいぶ疲れていたので、早めにバスに戻り仮眠をとることに。

次は最後の観光地である、ろまんちっく村「湯処あぐり」です。30分ほどバスを走らせて16:10分に「湯どころあぐり」に到着しました。ここでの滞在時間は1時間。17:15分に出発する予定です。ここでは、メインがお風呂ですが、徒歩5分くらいの場所に道の駅があります。私たちは道の駅も行きたかったので、早めに温泉に入って、道の駅に行くことに。

ここでは、フェイルタオル購入が210円、バスタオルのレンタルが210円かかります。私たちは各自でタオルを持っていきました。

温泉は内風呂と露天風呂が1つずつあり、結構な広さがありました。ただ、地元の年配の方がたくさん来ていて、それなりに混んでいました。

ただ、女性のほうはかなり混んでいたそうです。バスツアーの参加者37人の内、35人が女性だったため、一気に込んだそうです。体を洗う場所も人が並んでいたそうなので、温泉に入りたい女性の方は早めに体を洗ったほうがいいかと思います。

30分ほど温泉に入った後に二人で道の駅にいくことに。5分ほど歩いて道の駅に到着。ただ、そんなに広くなくて、お土産も目新しいものは売っていませんでした。値段もそんなに安くなかったため、何も買わずバスに戻りました。

時間通り17:15分にバスが出発して新宿駅に戻ることに。帰り道のバスから見える夕焼けが綺麗でした。

予定では19:50分に到着の予定でしたが、高速道路で交通事故が発生していました。また日曜日だったこともあり、高速道路がかなり混んでいて結局新宿に着いたのが21:00頃になってしました。

まとめ

約10,000円で食事代・バス代込みでなので、とてもお得だと思いました。ご飯もそんなに不味くなく、イチゴも好きなだけ食べられたので、常時お腹一杯でした。お菓子も結構持っていきましたが、結局ほどんど食べられませんでした。ただ、高速を使うので、曜日によっては帰りが遅くなることは多いそうです。帰りが遅くなった時用にお菓子を持っていくといいかもしれません。

また、正直「日光山輪王寺」の説明は不要だと思いました。仏像を真近で見られるのですが、「ここはHISツアー限定で・・・」とか「この商品は特別で・・」など、今しか買えないことを強調してくるので、少し鬱陶しかったです。日光東照宮がそんなに商売っ気が強いのが少し残念でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする