赤ちゃんの肌着のサイズは?サイズアップはいつ?タイミングは?

スポンサーリンク




赤ちゃんの肌着は可愛いデザインがたくさんあって、つい買い過ぎてしまいそうになります。肌着を調べていると、赤ちゃんに可愛い肌着を着せたいと思うのは親として当然のこと。

しかし、赤ちゃんの成長はとても早いです。あっという間に大きく成長してしまいます。

 今回は適切な量の肌着を買うためにも、年齢毎に合う肌着のサイズと、どのタイミングで肌着を変えれば良いかお話します。

 

肌着の表記

肌着は主に50cm-60cmや 50cm-70cmのように、一定の身長の範囲に基づいて製作されています。 40cm-80cmの大きさが売られていますが、主に50-70cmの肌着がメインになります。

 

【50cm】 ~2カ月

産まれたての赤ちゃんの身長は平均40-50cmです。そのため、一般的に最初は50cm-60cmを買うのがいいでしょう。

ただ、産まれた時の赤ちゃんの大きさに大きく左右されるので、1カ月で着れなくなることもあれば、逆に3カ月まで着れる赤ちゃんもいます。

 

【60cm】 ~3カ月

生後3カ月になると、身長の平均が60cmになります。この頃になると50cm-60cmが徐々に着れなくなり、60cm-70cmにサイズアップすることになります。

 

また50cm-70cmのように、服の大きさの範囲が広い肌着も売っていますので、最初にそれを買っておくと、頻繁に買い替える必要もないのでおすすめです。

 

【70cm】 ~6カ月

生後6カ月頃には、身長の平均が70cmになります。赤ちゃんの首がすわるのは生後4カ月前後なので、生後4カ月頃からは大人と同じように、上から着れる洋服を着せることも出来ます。

ただ、家庭によっては、おむつを換えやすいという理由でそのまま肌着を着せている方もいらっしゃいますので、肌着を着せていても問題ありません。

 

肌着サイズまとめ

  •  一般に(50cm~60cm)・(60cm~70cm)・(50cm~70cm)のサイズの肌着を買うと良い
  • 個々の赤ちゃんの成長速度に左右される
  • 生後4カ月以降は肌着を卒業出来る

 

 

まとめ

赤ちゃんの成長はとても早いので、一般に2カ月毎にサイズアップしていきます。出産前にたくさん買っておきたい気持ちは分かりますが、買い過ぎないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする