ベビーマッサージの効果は?メリット・デメリット

スポンサーリンク




赤ちゃんにもママさんにもいいと言われるベビーマッサージ。でも実際にどんな効果があるのでしょうか。ベビーマッサージのデメリットはないのでしょうか?

今回はベビーマッサージのメリット・デメリットについてお話します。

ベビーマッサージのメリット

ベビーマッサージは、赤ちゃんのために行いますが、ベビーマッサージを行うママさんにとっても効果があります。①赤ちゃんのメリット②ママさんのメリットに分けてご説明します。

 ① 赤ちゃんのメリット

赤ちゃんのメリットは大きく3つに分けられます。

  • 脳が活性化する
  • 便秘の解消になる
  • 赤ちゃんの身体が丈夫になる

脳が活性化する

ベビーマッサージによって全身を触れることにより、普段触らない部分の皮膚も触ることになります。この全身の皮膚への刺激が赤ちゃんの脳に伝達され、脳がより活性化することになります。

便秘の解消になる

ベビーマッサージすることによって、赤ちゃんの血行が促進され、便秘解消にも繋がります。赤ちゃんによっては、ベビーマッサージしている最中にうんちが出てしまうこともありますのでご注意ください。

赤ちゃんの身体が丈夫になる

ベビーマッサージを行うと、血行が良くなり赤ちゃんの基礎代謝が上がります。その結果赤ちゃんの免疫力を高めることが出来ます。

またベビーマッサージにより、赤ちゃんの筋肉が刺激され、運動機能の発達も促す効果があります。

補足

アトピー性皮膚炎やおむつかぶれはベビーマッサージでは治すことが出来ないので、かかりつけ医に相談しましょう。

② ママのメリット

ママのメリットは大きく3つに分けられます。

  • 赤ちゃんの健康状態や変化に気づきやすい
  • 赤ちゃんとの触れ合いの機会
  • 寝つきが良くなり、夜泣きが減る

赤ちゃんの健康状態や変化に気づきやすい

ベビーマッサージは、赤ちゃんをよく観察するきっかけになります。少し肌が荒れてるとか、少しずつ手のひらが大きくなってる、など赤ちゃんの変化にいち早く気づくことが出来ます。

赤ちゃんとの触れ合いの機会

生後間もない頃は、ママから母乳をもらったり、おむつを替えてもらいますが、赤ちゃんも小さいためママと直接遊ぶということはほとんどありません。

生後間もない頃からでも行えるベビーマッサージは、時期関係なく、赤ちゃんとスキンシップするいい機会になります。

寝つきが良くなり、夜泣きが減る

ベビーマッサージは、赤ちゃんにとって軽い運動となり、適度な疲労感を与えます。またベビーマッサージによって、赤ちゃんの身体も温まり、リラックス効果をもたらすので、寝る前に行うと寝つきが良くなり、夜泣きが少なくなります。

ベビーマッサージのデメリット

 

ネットで検索してもベビーマッサージのデメリットが出てこないので、心配になる方がいるかもしれません。

ですが、実際のところ、ベビーマッサージのデメリットはありません。

 

ベビーマッサージをやり過ぎて、赤ちゃんが疲れてしまったり、ベビーマッサージに使用するオイルが赤ちゃんの肌に合わなくて、かぶれてしまうことはあるかもしれません。

 

一方で、ベビーマッサージによって、赤ちゃんに直接影響のあるデメリットはありません。デメリットが無くて、メリットしかないのがベビーマッサージなのです。

 

 

まとめ

 

ベビーマッサージは、赤ちゃんだけでなく、ベビーマッサージを行うママさんにも効果があります。もちろん、赤ちゃんのお世話で忙しく、そんな頻繁に出来ないかもしれません。

私自身、赤ちゃんのお世話をするのが一番大事なので、無理に行う必要はないと思います。あくまでベビーマッサージは補助的な位置付けです。

 

心に余裕が出てきて、何かしようかな~と思った時に、このサイトを見て、ベビーマッサージを行なって頂けたら幸いです。

 

ベビーマッサージのやり方は? 始める時期・タイミング・注意点はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする