はちみつは赤ちゃんに危険な食べ物

スポンサーリンク




みなさんも一度は耳にされたことはあるのではないでしょうか。

「はちみつは赤ちゃんに食べさせたら駄目!」

特に赤ちゃんがいる方はいろいろと食べ物に気を遣ってると思います。

では、なぜはちみつは赤ちゃんに食べさせたらダメなのでしょうか。

実ははちみつには「ボツリヌス菌」という菌が含まれています。
この「ボツリヌス菌」という菌が問題なのです。

ボツリヌス菌は酸素の少ない状態で発芽して増殖し、極めて強い毒素を産生する細菌です。また、芽胞(がほう)という、耐久性の高い細胞構造で出来ています。
そのため100℃数分間の加熱でも、生き残ることがあります。

赤ちゃんは腸が未熟であり、免疫の仕組みが完全に出来上がっていません。
そのため、はちみつを食べると、ボツリヌス菌が赤ちゃんの体の中に入り、毒素を生成してしまうのです。

赤ちゃんの中で毒素が生成されると、便秘や筋力低下、脱力状態が起こります。また泣き声が小さくなります。ほとんどの場合、適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあります。

では、いつ頃からはちみつを食べてもいいのでしょうか。
消費者庁のデータによれば、生後1年を経過すると、腸の機能が作られて、ボツリヌス菌の免疫力が出来るそうです。

消費者庁|ハチミツによる乳児のボツリヌス症

 

はちみつは一見すると安全で栄養がある食べ物ですが、思ったより危険な食べ物です。
生後1歳未満の赤ちゃんがいる方はちょっとした出来事で、はちみつが赤ちゃんの口に入らないようご注意ください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする