ベビーカーの選び方 A型  vs  B型

スポンサーリンク




赤ちゃんと一緒に出かける時に、あると便利なのがベビーカー。赤ちゃんに必要な物の中でも高額な商品なので、出来れば買い直すことはしたくない…

ただ、いざ買おうと思ってもA型やB型などよく分からず、値段も高いものから安いものまでいっぱい…

初めてベビーカーを買う方は、何を基準に選べばいいか迷ってしまいます。

 

今回はベビーカーのA型とB型の違い、実際に買う時に注意すべき点についてお話します。

 

ベビーカーの種類(A型とB型)

ベビーカーは、大きくA型とB型に分かれています。大きな違いとしては、A型は新生児から乗せることが出来るのに対して、B型は生後7か月から乗せることが出来ます。

 

A型⇒新生児から乗せることが可能

B型⇒生後7か月からしか乗せることが出来ない

 

これからそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

A型

A型はベビーカーの中で最も人気のある型であり、初産のほとんどの方はA型を買っています。

メリット

  • クライニングがほぼ水平まで倒すことが出来るので、寝姿勢になれる
  • タイヤが大きく、地面からの振動が伝わりにくい
  • 新生児から3歳まで乗せることが出来る(1台でカバーできる)

 

デメリット

  • B型に比べて重い
  • B型に比べて値段が高め
  • 比較的大きいため小回りがききにくく、置き場に困る

 

B型

B型は、どちらかというと経産婦の方がよく買われます。また最初に買ったA型が思ったより重かったため、2台目にB型を買う方も多くいます。

メリット

  • 比較的値段が安め
  • 軽量で持ち運びしやすい
  • 小型で小回りがしやすい

 

デメリット

  • 首と腰が据わった生後7か月からしか使用できない
  • リクライニングは少ししか倒すことが出来ず、寝姿勢が出来ない
  • タイヤが比較的小さいため、地面の振動が伝わりやすい

まとめると、A型は大きめで、新生児の頃から載せることが出来ますが、持ち上げるのには少し重めです。

一方B型は首がすわっている生後7カ月頃からしか使えませんが、軽量で持ち運びが楽です。表にまとめるとこのようになります。

 

 種類

A型

B型

使用開始年齢

1ヶ月~

7ヶ月~

価格

大きさ

中~大

小~中

タイヤ

重量

リクライニング

~180度

~120度

 

ベビーカーのA型・B型にはそれぞれ一長一短あります。A型の方がいいと言う人もいれば、B型の方が良かったと言う方もいます。

次の注意点を参考に、実際にどちらが自分に向いているか考えてみましょう。

 

ベビーカーを選ぶ際の注意点

ベビーカーを選ぶには以下の5つの点に留意することが大切です。

 

  • 生後すぐ出かけるか
  • 生活スタイルは車、それとも電車やバス
  • ベビーカーの置き場はあるか
  • 2人目の赤ちゃんを視野に入れているか
  • ベビーカーの買い時は産前or 産後

 

生後すぐ出かけるか

赤ちゃんが生まれたらたくさん出かけたいからA型にしようかな~と考えている方、要注意です。生後間もない頃は、定期健診を除いてほとんど外に出ることはありません。

また、小さい頃は体重も比較的軽く、赤ちゃんとのスキンシップを大切にしたいと考えて、ベビーカーではなく、抱っこ紐で移動する方もいらっしゃいます。

A型を購入したが6か月まで使わず、持ち運びが大変だったから、結局B型を購入する家族が多いので、生後すぐ出かけたいという理由でA型を選ぼうとしている方は、今一度考え直してみましょう。

 

生活スタイルは車、それとも電車やバス

ベビーカーを選ぶときに考慮すべきなのは、あなたの生活スタイル

例えば、普段電車やバスに乗って移動するのであれば、バスの乗り降りや駅の階段を昇り降りする必要があります。電車やバスがメインであれば、持ち上げても軽いB型がおすすめです。

また一般に改札の幅は55cmです。日本製のベビーカーはほとんど問題ありませんが、海外製のベビーカーは幅が広いタイプが多く、改札を通ることが出来ないことがありますので、ご注意ください。

 

一方で、車の場合には、ベビーカーを車の荷台に入れる必要があります。こちらはA型でもB型でも問題ありませんが、折りたたみ式のベビーカーでないと車に入らないかもしれません。

また、ベビーカーの種類によっては、ベビーカーの座席部分を分離してそのままチャイルドシートとして使えるタイプもありますので、そのようなベビーカーを買えば、別途チャイルドシートを買う必要もありません。

一般的に狭い道をよく通る方には、小回りの利くB型のベビーカーが、地面があまり舗装されていない道をよく通る方には、タイヤが大きく振動が伝わりにくいA型がおすすめです。

 

ベビーカーの置き場はあるか

意外と盲点なのがベビーカーの置き場です。実際買うとなると、家のどこかにベビーカーを置かなければなりません。例えば置く場所が少ししかないのに、大きめのA型ベビーカーを買ってしまったら大変です。

特に海外製のベビーカーは、広い家を前提として製作されているベビーカーが多く、買ってから置き場に困ることが無いように注意しましょう。

 

2人目の赤ちゃんを視野に入れているか

1人目が女の子だったら、つい花柄の可愛いベビーカーを買って子供を乗せたくなってしませんか。しかし、2人目を考えているのなら男の子向き・女の子向きのベビーカーはあまりお勧めしません。

デザインの良いベビーカーはたくさんあって惹かれてしまいますが、どちらが産まれても使えるベビーカーを選びましょう。

ベビーカーの買い時は産前 or 産後

結論から言いますと、ベビーカーは産前に買う必要はありません。実際に赤ちゃんが生まれる前に買ったけど、ほとんど使わなかった方や、赤ちゃんを乗せてみたら嫌がって、結局もう一台買ってしまった方もいらっしゃいます。

ベビーカーに乗るのは赤ちゃんなので、実際に試乗して買うことをお勧めします。

ただし、産後は赤ちゃんのお世話で疲れて調べる余力も無くなってしまうので、何点か目星をつけておくと良いでしょう。

 

まとめ

ベビーカーはあると便利ですが、必ずしも必要な物ではありません。またベビーカーに乗るのは赤ちゃんのため、赤ちゃんがベビーカーに乗るのを嫌がって、ほとんど使わなかったという方もいらっしゃいます。

必要かどうか今一度考えて、無駄のない買い物をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする